塾。英会話、家庭教師、通信講座の今

利用増加

利用増加

少子化にともない子ども一人あたりにかけられる教育の費用は増える一方である。特に近年では私立の中学を選択する家庭が増加しているのが現状である。

高まる中学受験の人気が大きな要因で、小学生における塾の利用の割合は年々増えつつある。

中学受験を視野に入れると小学3年生あたりから利用する人が多い。

小学生

文部科学省の統計によると現在小学生の塾の利用率は全学年で約38%にのぼるという。この多くが中学受験を視野に入れた生徒の利用である。

中学受験の難易度は年々高まる傾向にある。それに反して実際に学校で教えらる授業の内容は少ない。こうした理由からも受験を考える人にとっては塾は必須になりつつあるのである。

子どもたちの行き帰りの道の安全を守る為に、最近の塾では大手を中心にスクールバスを運用しているところもある。

近年では中学受験を目標とした授業内容だけでなく、学ぶ事の喜びや面白さを分からせる事を目的とした取り組みを行っている所も増えてきている。子どもの頃から学ぶ習慣をつけるのに最適である。

中学生

中学生

中学生の塾の利用は平均で約50%にのぼり、その中でも三年生の利用率は65%にのぼる。中学生の塾の利用目的のほとんどが高校受験対策である。

一つの塾の中でも目指す高校のレベルによって授業内容を変えている所が多い。特に進学高校を目指すクラスでは学校の授業内容とは大幅に異なるレベルの高い内容がなされているのである。

高校生

高校生が塾に通う割合は中学生よりも低く、公立では約30%、私立では約50%となる。ただしこれはあくまで塾の利用におけるデータであり、予備校に通う人は含まれていないのである。

高校生の塾の利用は言うまでもなく大学受験を目的としたものがほとんどである。クラスは文系と理系に分かれおり、その中でも志望する学校によってレベルが分けられているのである。

大学受験は学校ごとに試験の内容が大幅に異なるので志望校ごとの対策が重要なのである。よって塾としても徹底的に分析した授業内容を実施している。


関連リンク

英会話を習得するなら;エスプリライン
ヒューマンアカデミーの通信講座・通信教育を始めませんか?|たのまな